育てて実生!ホトトギス

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧




イリア

徒長する前に、その美しい姿をアップしておこう。
d0166773_2251954.jpg

[PR]



by gulilala | 2011-01-29 22:05 | 多肉植物

箱入り娘たち

d0166773_1957512.jpg


寄せ植えもいいけれど、大きなコンテナは土の中が蒸れやすいみたい。
それぞれ種類が異なれば、成長期も水やりのタイミングも違い、
ダメにしたものが結構ありました。

去年の秋から集めたもの。
今しばらくはこんなふうに並べて眺めています。
[PR]



by gulilala | 2011-01-29 19:58 | 多肉植物

ワタムシ退治

ビニール温室で管理中の多肉植物は、ワタムシにとって格好の餌場となってます。

筆で払い落とそうとしても限界があるので、思い切って剪定、解体。

d0166773_19384719.jpg
d0166773_1939344.jpg


余分な葉をもぎ取って、水洗い。
本体の方も切り取って、筆でワタムシを取った後、
温水でジャブジャブ。
素人なので、こんな方法しか思いつきません。
ベタベタがひどくてね。

これがとりあえず作業を終えたコンテナ。
残された多肉にはまだまだワタムシが潜んでいます。
d0166773_19392032.jpg


暇を見て、これも全部切り取って、大幅に植え替えを行う予定。

こぼれて落ちた葉から、お仔たちが芽生えていました。
d0166773_19393581.jpg


もぎ取った葉は、専用のコンテナを作って、並べておこう。

しかしワタムシは本当に厄介だな。

小麦粉を使ったら効くかな?
[PR]



by gulilala | 2011-01-29 19:46 | 多肉植物

ニューフェイス

クラッスラ「舞乙女」

d0166773_1142914.jpg


爪楊枝にぎっしり詰まった何かのよう。

ゆするとプルプル揺れてまた可愛いです。

どこまで成長するのかしら。

ピアスにしたい感じです。
[PR]



by gulilala | 2011-01-27 11:07 | 多肉植物

アロマティカス

d0166773_10564128.jpg


先日バッサバッサと切ったものを、蜂蜜の容器に挿しました。

底には穴も空けてあります。

右下に転がっている多肉は名前も忘れました。

もしかしたら相当前にオザキさんで、
70円均一コーナーで買ったやつかもね。

外のビニール温室内に置いといたのですが、ワタムシを発見。

温目の水道水でジャブジャブ洗ってやりました。

ワタムシのベタベタした排泄物もきれいサッパリ。

温室内のコンテナに水やりをし、ビニールカバーを上げたまま閉め忘れていたことに、
今朝気づいたんですが・・・。

しかも一鉢は出しっぱなしに。

やっちまったな!という感じです。
[PR]



by gulilala | 2011-01-27 11:02 | 多肉植物

ダニッシュフラッグとKLM

いただいたタネ。
去年の初夏に蒔いたタネですが、多分今年も育ってくれると信じて、
ネメシアの「ダニッシュフラッグ」(デンマークの国旗)と、
「KLM」(オランダ航空)の2種類を、今日プランターに蒔きました。

プラスチックのカバーをかけたので、寒さにはやられないと思います。

一緒に100均で買った花菱草のタネの実生っ子たちも、
プランターの輪郭に沿うように植えました。

去年は蒔いたあと、あまり真剣に育ててやらなかったのと、
あの酷暑でイマイチのパフォーマンスでした。

今年は早めに蒔いて(早すぎるかな?)、
しっかり根を張らせてやろうと思っています。

このネメシアは茎も細く、宿根タイプではないと思いますが、
今年はどんなふうに育つでしょう。

譲り受けた中古の、白い横長プランター。
幅60センチくらいでしょうか。
中央の縁にセロハンテープがくっついたままになっているので、
そこから左右に分けて2種類蒔きました。

失敗したのは、去年タネの袋をあけた時に、
どちらがどちらか分からなくなってしまったこと。
花が咲いたときにそれは判明したのだけれど、
それをメモしておかなかったので、また分からなくなってしまいました。

多分セロハンテープに向かって右がダニッシュフラッグ。
左がKLMだと思っていますが。

結果が分かるのは5~6月頃かな。

その前にちゃんと発芽してもらわないと。
[PR]



by gulilala | 2011-01-26 14:48 | ネメシア

アロマティカスのスタンダート仕立てを作ろう

F.I.L.Oさんのところで以前拝見したアロマティカス。
100均のキャンドゥで見つけたのは1年以上前だったかなぁ。

それより前に石神井のオザキフラワーパークで目にしていたのですが、
移動するのには荷物も多くて断念。

寄せ植えにして夏も午前中の日の当たる玄関先でかなり成長しましたよ。

耐寒性はないらしく、一緒に植えてあるものもパキラ、コーヒー、ピレア、胡蝶の舞なので、
霜の降りる前に室内へ取り込み。

徒長してきたので茎の様子がよく分かるようになり、
ワタムシ発見。

それで思い切ってここまでカット。
d0166773_9362120.jpg


切り取った方はこんなです。
d0166773_9364644.jpg


ネットなどで結構いい値段で販売されてますね。

この香り、まだ知らない人には是非ご紹介したい芳香です。

ちょっと強すぎるくらいかもしれませんけれど。

シソ科のハーブで、料理にも用いるらしいです。


しばらく水も要らずに生きています。

逆に水挿しすると、茎が腐るくらいです。

そのまま乾き目の土に挿して増やすのがいいかと。

鉢植えの方はこのまま、スタンダード仕立てを目指します。
[PR]



by gulilala | 2011-01-22 09:39 | 多肉植物

シクラメン

数年前にいただいた大株のシクラメンを室内管理でダメにして以来、
買うのはガーデンシクラメンばかりでした。
あの時は多分、エアコンの風が当たっていたのだと思います。

この冬は少し変わったシクラメンに魅せられて、年末に香りのあるシクラメンを2鉢買いました。
ほぼ処分品だったので、今はもう花もほとんどおしまい。

さてさて、会員制の園芸店ではこんなに立派な株のシクラメンの一掃セール。
各500円にて購入。
ポピュラーな色のものなら、5鉢で1,000円というのもありました。

見事な銀色の葉。
不規則に入るピンクの斑。
d0166773_9102149.jpg


綿のような白さ。
コットンのウエディングドレスを連想。
d0166773_9102978.jpg


まだまだ花は楽しめます。

タグには、YAMASHITAという社名が入っていたので、
調べてみたら埼玉県の山下園芸さんということでした。

室内管理はどうしてもいつもいるリビングに置いてしまうので、
温まりすぎ、乾燥した空気でダメージを与えてしまうかも。

夜は玄関の内側に置くくらいが、シクラメンにとっては喜ばしいくらいかな。

シクラメンはサクラソウ科。
[PR]



by gulilala | 2011-01-22 09:17 | 球根

突然変異の斑入り葉

ネメシアというのは、冬でも元気に咲いている。

こぼれダネで容易に増えるので、
最初はちょっと高価でも、後で得したと思わせてくれます。

花壇に育つネメシア。
ビニール温室を移動したので、霜よけにはなりますが、
日当たりいまいち。

そのせいか見慣れない植物が、と思ったら、斑入り葉でした。
d0166773_18325943.jpg


見事な斑の入り方。
観葉植物としてもおもしろい形。
d0166773_1833131.jpg


斑入り葉の茎だけ左側に流してみました。
現場はこんな感じ。
この茎以外は、葉を青々とさせ上機嫌で咲くネメシアと、
黄色い花を長~い花茎の先につけるオキザリスの葉(花はまだまだ先です)。
d0166773_1835512.jpg


ネメシア・ヴァリエガタとして商品化できないかしら?

きっと斑入りが安定しないから出回っていないだけで、
実はよくあることだったりしてね。
[PR]



by gulilala | 2011-01-09 18:39 | ネメシア

ダメもとで試みる実生のブログ & more
by gulilala
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

お気に入りのブログ&サイト

Nocturne

mail :gulilala@excite.co.jp

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

園芸店のパンビ
at 2011-03-26 10:36
タネから育てたF1ビビ・ファ..
at 2011-03-26 10:30
イリア
at 2011-01-29 22:05
箱入り娘たち
at 2011-01-29 19:58
ワタムシ退治
at 2011-01-29 19:46

ファン

ブログジャンル

画像一覧