育てて実生!ホトトギス

突然変異の斑入り葉

ネメシアというのは、冬でも元気に咲いている。

こぼれダネで容易に増えるので、
最初はちょっと高価でも、後で得したと思わせてくれます。

花壇に育つネメシア。
ビニール温室を移動したので、霜よけにはなりますが、
日当たりいまいち。

そのせいか見慣れない植物が、と思ったら、斑入り葉でした。
d0166773_18325943.jpg


見事な斑の入り方。
観葉植物としてもおもしろい形。
d0166773_1833131.jpg


斑入り葉の茎だけ左側に流してみました。
現場はこんな感じ。
この茎以外は、葉を青々とさせ上機嫌で咲くネメシアと、
黄色い花を長~い花茎の先につけるオキザリスの葉(花はまだまだ先です)。
d0166773_1835512.jpg


ネメシア・ヴァリエガタとして商品化できないかしら?

きっと斑入りが安定しないから出回っていないだけで、
実はよくあることだったりしてね。
[PR]



# by gulilala | 2011-01-09 18:39 | ネメシア

害虫・ワタムシ

一番最初に出会ったのは、ハートカズラに発生した時ですね。

ワタムシはカイガラムシの一種だそうです。

どんなムシかといいますと、これです。
d0166773_1154891.jpg


ひっくり返してやったら、ジタバタしてました。
d0166773_116472.jpg


しおれた多肉の葉っぱに乗せて。

トロいのですが、足が見えないので意外に早く見えます。

一生懸命逃げていきますが、
d0166773_1171092.jpg


葉っぱの先端まで行くと迷って、
d0166773_1172248.jpg


まるでテントウムシみたいに、
d0166773_1175923.jpg


また戻ってきました。
d0166773_1181365.jpg


この後はかわいそうだけどさようならしました。

何が問題なのかと言うと、

d0166773_11102521.jpg
d0166773_11103570.jpg
d0166773_11104695.jpg


このように葉と葉の重なった狭いところで繁殖し、
葉から汁を吸い取るんです。

緑の葉のモロキニエンシス、見事に葉の形が変形し、
色素が抜けている部分もあります。

名も知らぬエケベリアもお気に入りなのですが、
この2つは混植しているので移ってしまいました。

ちなみにこの葉の根元付近(白っぽくなりかけの部分)に付いているちっちゃな水玉は、
ワタムシの排泄物なんだそうです。
d0166773_1113896.jpg

(食われているのは、多分ナメクジ被害)

少しベトつきます。

ネットで見ても私がやりたいと思う駆除方法はひとつ。

テデトール(adagioさんから教わった名前)。

薬なんかに頼らず、地道に手で取る。

私は馬の毛を使った100均の絵の具用の筆を使いますが、
これで掻き出すと筆の先が固まってぼさぼさになります。
ベトベトが付着するんですね。

多肉を室内に取り入れたり、ビニールハウスに入れたりすると、
途端に増殖するので、たまにこの作業が必要となります。

今回も実生の話題じゃないですね。
[PR]



# by gulilala | 2010-12-28 11:22 |

タツナミソウと白雪ミセバヤ

今年の夏前にジョイフルホンダで買った白雪ミセバヤ。
d0166773_18435627.jpg


戸外の、午後の日差しが少し当たる場所で管理していたのを、
ビニールハウスに入れた。
既に葉が少し紅くなっている。

成長点から小さな葉が増えている。


こちらはそれより数ヶ月前の今年の早春、通販で取り寄せたもの。
d0166773_18442132.jpg

玄関脇の朝日の当たる場所で管理。
午前中一杯日を浴びるけれど、午後の日は当たらない。
顔色ひとつ変えずにいるけれど、少しずつ成長している。
d0166773_18443785.jpg



地面に生えていたのを頂いてきた白花タツナミソウ。
実を付けたままずっとこの通り。
d0166773_18445744.jpg


ヘラサギのくちばしのようなスプーン型の実。
下の部分に黒いタネが入っていて、
触れれば簡単にタネが出てくる。

こぼれダネで増えるそうだ。

寒さにも強そう。
青々としている。

こういう山野草を見ていると、強さをもらえるような気がする。

タネはその辺にばら撒いておいたけど、出てきてくれるかな。
[PR]



# by gulilala | 2010-12-26 18:46 | 山野草

ワイヤープランツの実

伸びた蔓の先に花を、少しだけ付けました。

その後にライチのように半透明でプニプニの実が付きます。

d0166773_11505146.jpg


黒いものは種子でしょうか。

朝顔のタネをうんと小さくしたような形です。

採れれば発芽を試みますが、
落っこちてしまったら自然にお任せです。
[PR]



# by gulilala | 2010-11-20 11:53 | ワイヤープランツ

原種シクラメン・コウム

d0166773_11401719.jpg


小さな蕾と葉が一緒に出てきています。

趣味の園芸によれば、ヘデリフォリウムの球根は乾燥した状態でも出回るが、
コウムの球根は乾いたままでは出回らないそうです。

鉢植えの場合、700円以上で出回ります。

ホムセンで売られていたのは唯一コウム(冬咲き)の球根で、
ヘデリフォリウム(秋咲き)はありませんでしたね。

どっちがどっちなのかよく分かりませんが、
咲く時期で違いを見分けるしかないですね。

初秋に植えつけたので、
どっちでもこれから咲きそうです。
[PR]



# by gulilala | 2010-11-20 11:46 | 球根

ダメもとで試みる実生のブログ & more
by gulilala
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

お気に入りのブログ&サイト

Nocturne

mail :gulilala@excite.co.jp

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

園芸店のパンビ
at 2011-03-26 10:36
タネから育てたF1ビビ・ファ..
at 2011-03-26 10:30
イリア
at 2011-01-29 22:05
箱入り娘たち
at 2011-01-29 19:58
ワタムシ退治
at 2011-01-29 19:46

ファン

ブログジャンル

画像一覧